「ごちそうさま、シスル」『ダンジョン飯』11巻

♪台所の中には魔物が住むの 頼れる仲間はみんな死んでる~
♪ダンジョン攻略にかけた青春 でもみんな死んでるー!

ダンジョン飯 11巻 (HARTA COMIX) Kindle版
1巻レビュー 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻

だいたいそんな感じ『ダンジョン飯』11巻。前巻のラストで"狂乱の魔術師"シスル率いるドラゴンの群れの前にライオス以外は手も足も出ずあっという間に全滅し絶体絶命の大ピンチからの始まり。それを魔物オタクのサイコパスと書いてライオスと読む主人公の知識と機転が光る!(読み返すと32ページで小さいながらもちゃんと描写がされている)

ところで作中に出てくる夢魔が何故貝の姿で竜の一種なのか長らく謎だったのですが、「」と言う蜃気楼を生み出す伝説の生物がハマグリだったり竜だったりしてるところから来てるようです( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー

シスルに勝った!めでたしめでたし『ダンジョン飯』完!(ファリンは?)……とはやはりならないわけで。到着したカナリア隊とはまともな話し合いにならず、人の欲を食らう「悪魔」は解き放たれ(シスルの欲がむしゃむしゃされるシーンで変な扉が開いた人いそう…)、新たな迷宮の主の願いでダンジョンは形を変え、これまでに登場した人物が一同に会す最終章(多分)に突入!(のハズ)

初期のコメディ過分な作風から深層へ潜るのと比例してどんどんダークファンタジーな雰囲気になり、今巻では飯要素もギャグ要素もかなり控えめだったので決着がついたら皆でワイワイと食事して欲しいですねぇ(ファリンを?)

流石にここまで来てバッドエンドにはならないとは思うのですがさぁ一体どうなるのか。12巻はよー!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント