ドラえもんの6種類の第1話集『ドラえもん 0巻』

ドラえもん誕生50周年記念で23年ぶりの新刊だそうです。
ドラえもん (0巻) (てんとう虫コミックス)
ドラえもんは1969年に小学館の学年誌6誌で同時に連載開始した作品です(冷静に考えなくてもとんでもない話である)

私は物心ついた時には既に家に単行本があったのでそれらの掲載誌はついぞ見たことはなかったのですが、その1巻に収録されている「第1話」は『小学四年生』バージョンでしてその他の1話は長らく単行本未収録作品(ドラえもんプラスにも載っていない。藤子・F・不二雄大全集には載ってるらしい)となっていました。それらが一堂に会したのがこの『0巻』です。

それぞれの第1話は
●ドラえもんあげる(よいこ版):唐突に何の説明もなく引き出しからセワシとドラえもんが現れる。4ページしかなく、ひみつ道具は出てこない。
●ドラえもんがやってきた(幼稚園版):唐突に(以下同文)ジャイアンとスネ夫が登場。名前は無いがひみつ道具が登場する。
●ドラえもん登場!(小学一年生版):「未来から」セワシとドラえもんがやってくる。しずかちゃんが登場。
●未来から来たドラえもん(小学二年生版):ここでやっとセワシがのび太の子孫設定が明かされる。ドラえもんが妙にテカテカしている。そしてタケコプターが登場!
●机からとび出したドラえもん(小学三年生版)のび太が辿る悲惨な未来の姿が四年生版よりもリアルに登場する。モブとしてジャイ子もチラリと登場。
●未来の国からはるばると(小学四年生版):単行本に収録されているお馴染みの第1話の原型。目次には「未来の~」となっているが扉絵に書かれているサブタイが違う、セワシの東京から大阪へ行く例えが無い(このくだりはこの後の「愛妻ジャイ子!?」に載っている)、タケコプターがヘリトンボ等ところどころ違う。
が順に収録されています。物語の説明やキャラクターの配置、1ページあたりのコマ数など読者の年齢層に合わせてドラえもんと言う漫画そのものも成長している感じが面白いです。

他にも
●愛妻ジャイ子!?(小学三年生版第2話):このままの未来で嫁になるジャイ子に嫌われるために奮戦するのび太の話。前述の通りのび太がジャイ子と結婚しなくてもセワシが生まれてくる説明はここでなされる。
●ハイキングに出かけよう(小学五年生版第1話):ドラミちゃん初登場回。後々のどこでもドアらしき道具も出てくる。ドラミちゃんってしっかり者キャラだけどこの回ではかなりポンコツ…。
●新連載の予告:「出た!」「すごーくおもしろいんだ!すごーくゆかいなんだ!」で有名な伝説の新連載予告カット。
●ドラえもん誕生:…と予告カットだけ描いたはいいものの肝心の主人公もプロットもタイトルさえも〆切ギリギリまで決まっておらず、切羽が詰まりに詰まっている藤子・F・不二雄先生の御姿を描かれた創作秘話回。
などが収録されています。

私は電子版で買いましたが本棚に紙の単行本が並んでいるのならこれも紙で買って一番端に並べたいものです。そう思ってる方が多いのか予約殺到だとか…。

ちなみに本巻には収録されていませんが『小学六年生』版の第1話は石ころぼうし(単行本4巻収録)だったそうです。( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー


ドラえもん (0巻) (てんとう虫コミックス)
藤子・F・ 不二雄
小学館 (2019-11-27)
売り上げランキング: 417

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント