秋だ!旬だ!キノコ狂騒曲『ダンジョン飯』8巻

THE・キノコ祭り。表紙のライオスの嬉しそうな顔ときたら…。
dungeonmeshi8.jpg

表紙は何やら複雑な過去と経歴を持つカブルー。たびたび全滅する初心者パーティーの一人程度と思ってたら随分本編の核に食い込んで参りましたなぁ。

1巻レビュー 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻

今巻のメインは前巻のラストでうっかり変身キノコ・チェンジリングの輪に入ってしまい、その影響で全員の種族が変わってしまったライオス一行のドタバタ劇。
本来の年相応のオッサン感マシマシになったチルチャックも酷いのですがまぁ兎にも角にもエルフ化したセンシが必の見。他のキャラは中身は変化が無いのにセンシだけ常に薔薇を背負った見た目だけではなく口調や仕草など中身も何故か耽美になっていて爆笑必至。

ところで51話の扉絵は各キャラの変身表なのですが、エルフ化すると全員が耽美な雰囲気の美形になるのに元々エルフのマルs(ry

ライオス一行がコメディ劇を担当している一方で、1階ではカブルーたちとダンジョン制圧に動き出したエルフ一行が巨大歩き茸を操る狂乱の魔術師とキメラ化ファリンに接触、とド派手でシリアスなバトルが繰り広げられます。"カナリア隊"隊長ミスルンの強力な魔法…なにかもちがってますか…?

…と油断してたら第二弾ですよ(笑)
156ページの破壊力たるや。


大ヒットしている作品にも関わらず未だにTVアニメ化のニュースは来ませんが、つい先日何故か公式CMアニメが作られて公開されました。

このクオリティでTVアニメ化して欲しいですねぇ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント