来月からアフタヌーンで漫画版『十角館の殺人』が連載開始!

(;゚д゚)え……ど、ど…どうやって…!??

綾辻行人の『十角館の殺人』…もはや説明不要の日本ミステリ史に燦然と輝く傑作ミステリ…と同時にメイントリックの特性上映像化は不可能と言われておりました。

それがなんとまさかのコミカライズ版始動で青天の霹靂、驚天動地、びっくり仰天です。

右のドアップでドヤ顔してるのは眼鏡かけてないですけど間違いなくエラリィですねぇ…原作既読だとこのドヤ顔には苦笑いしか出ないw

私はアフタヌーンは未読者なのですが現在発売中の本誌にいつの間にか復活していた『もうしま』で原作の綾辻行人先生、作画担当の清原紘先生のインタビュー漫画が掲載、アフタヌーンの公式サイトでも現在公開されています。

>今回一番変更点である江南も相当悩んで女性にしました
( ; д )   ゚  ゚

「不可能を可能にする」と豪語したコミカライズ版、今から楽しみです。来月のアフタヌーンは初めて買うかもしれません。


十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
綾辻 行人
講談社
売り上げランキング: 3,070

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント