☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 金田一少年の事件簿R 吸血桜殺人事件12(最終回)

<<   作成日時 : 2015/07/15 23:32   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

犯人「知ったけど知った事か」(グサー)
(※現在連載中の金田一少年の事件簿R『吸血桜殺人事件』のネタバレ注意!)
画像

忘れた頃に小旅行も更新されてましたがいつも以上に酷い回でした(褒めてる)

問題編:      
解答編:  10 11

●二つの事件の結末
さてさて大方の予想通り鬼方桜柳は予想以上のマジキチっぷりを発揮しつつ桜の養分と化しておりました。
その予想通りな分、虎元の「亡霊」発言を完全にスルーしてたのは迂闊でした(ノ∀`)タハー

そしてまさか前回のコメント欄の
>鬼方桜柳の話が終わったら後日金田一が葉崎に面会に行って
>金田一「実は冬部は・・・というわけだったんだよ。」
>葉崎「ありがとう、金田一さん(涙)」
>っていう展開にでもなるのかな〜と思ってるのですが。

そのままズバリとはw

今回の事件の最大の焦点であった「冬部は何故斧田を殺した葉崎を即青桐夏美と判断し彼女の犯罪に加担したのか」のアンサーたる加害者側の冬部の意外な過去話。…ん?かつて殺人を犯したけど更生して弁護士になって少年犯罪を手がけて非行少年を救う事で罪を償ってきたけど因果が巡って殺された…?うっデジャブが…。

しかしそこまで知っていて自分みたいな過ちを誰かに犯させないために働いていたのなら尚更葉崎を庇ったりその復讐を完遂させてあげるのは悪手だったんじゃないでしょうかねぇ…もどかしいですな。


●総括
文句無し…は大袈裟ですが2期以降ナンバーワンと言っていいのではないでしょうか(※個人の感想です)
今回は犯人は刺し殺して逃げただけと言うかなり異質な事件でしたが、やはり犯人以外の人物がミスリードを含めて動き回る作品はいいですねぇ。前回の事件は登場人物がほとんど動かなかったからより一層際立ちます。
登場人物の年齢もバラけてたし作画も随分安定してましたし、最近の事件は某Tにかまけて犯人の扱いが杜撰だったり締めが打ち切り漫画みたいだったりする事がチラホラ見られたので、その辺なども往年の金田一らしくしっかり描写されていたのでラストまで読み応え・推理し応えのある事件でした。

一方で「青桐一家と関係があるのは冬部だけ!→よく調べたら青桐夏美本人が生きてたわ(・ω<)テヘペロ」とか出席順のくだりとか青桐家の墓建てたのは?とかオーナーの北屋敷への不信感みたいな伏線は?など首を傾げる部分もありましたが、まぁそれらを差っ引いても十分ナンバーワンと言って差し支えないでしょう。(※個人のry)
あと某Tが出て来なかったのでそれだけでもとてもとても良かったです!!


次回は大分先…9月ですか。アニメ版Rの2期も決まった事ですし引き続き面白い事件に期待です!


「金田一少年の事件簿R」 Blu-ray BOX「金田一少年の事件簿R」 Blu-ray BOX

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2015-08-26
売り上げランキング : 3138

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>そのままズバリとはw

事件後、犯人と面会して誤解してることや知らなかったことを伝えて犯人涙目(いい意味で)ってのが金田一あるあるネタだと思いまして・・・。

それにしても虎元はいつ冬部の死体を確認したのでしょうか?
無人島とか建物に閉じ込められたとかならともかく、警察が来てるなら金田一と助手達(?)は特別扱いにしても現場立ち入り禁止でしょうに。
警察が来てるのに事件が起きたとか、夏美の死体が発見されてないのに死亡扱いになってることを見落としてたとか、随分ずさんですなぁ。
そもそも高校生に事件解決を任せてる時点でアレですが。

鬼方桜柳の件は藍染をいきなり殺さずに拘束して恐怖を与えるという変態行為をしなければ反撃されずにすんだものを。
これって正当防衛とか情状酌量とかにならないんですかねぇ?
行方不明の猟奇殺人鬼をぬっころしても誰も責めないような・・・。

>2期以降ナンバーワンと言っていいのではないでしょうか

管理人さんが途中投げやりになってたような気がするのはきっと私の勘違いですね!
気のせい気のせい、終わりよければ全てよし。
私は怪盗紳士に仕返しされるバッドエンドが好きですね。

>小旅行

最初の頃は更新が早くて七不思議の回を見逃してましたが、最近は更新遅いですね。
魔術列車の回なんて2ヶ月も掲載されっぱなしでしたし。
わたぼう
2015/07/16 06:27
冬部は金田一史上最も更生した被害者と言ってよさそうですねただ自分と同じ立場に彼女をおいやる結果になったのは何とも気づいたら斧田を殺害されてたのでその偽装って感じですかね

そして鬼方はまさか本当に桜に血をとか思ってたとは恐ろしい殺人鬼ですね虎元と藍染はこれからでも幸せになってほしいです

三夜沢さんに見せ場がほしかったw
わこあ
2015/07/17 13:18
高遠が全く絡んでこなかったのも大きいですよね。
無題
2015/07/21 00:18
>わたぼうさん
>正当防衛とか情状酌量とかにならないんですかねぇ?
虎元を守るためとはいえ背後から全力で刺し殺しているので正当防衛はちょっと難しそうですが、相手が相手なのでそんな重い罪にはならなかったでしょうねぇ。

>管理人さんが途中投げやりになってたような気がするのはきっと私の勘違いですね!
はてさて何のことやら ♪〜<(゚ε゚;)>

>わこあさん
鬼方桜柳は実は別の目的が、とか別の真相が…とかそんな事は全然なくて正真正銘のピーだったのは逆に新鮮でしたねw 三夜沢さんはもうちょっと芸術家特有(偏見)の怪しげな言動があってもよかったですね。

>無題さん
これで奴がしゃしゃり出てきたら買ってきたマガジンの焚書も辞さぬ勢いでしたが無事出てこなくて何よりでした。
でも次回辺りまた出てきそうな予感…('A`)
那智
2015/07/24 23:10
>でも次回辺りまた出てきそうな予感…('A`)

ここのところ1話おきぐらいに出てきてますからね。

私はアンチ高遠ではないので「高遠ウザい」というわけではないのですが、登場させる意味がわからないのは嫌ですね。
ドラマ版(松本金田一)の誘拐殺人では高遠が登場せず、自殺しようとした子持ちの犯人に玲香が「母親はあなたしかいないんだから!」と説得するという話になってたのでよかったです。
わたぼう
2015/07/26 18:19
小旅行、いつの間に魔人遺跡になってた!?
危うく見逃すところでした。
更新ペースにムラがありすぎですね。
わたぼう
2015/08/17 20:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
金田一少年の事件簿R 吸血桜殺人事件12(最終回)  ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる