☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 金田一少年の事件簿R 狐火流し殺人事件6

<<   作成日時 : 2014/09/03 20:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

ボールは友達。
画像

問題編:    

●白狐の尾を掴む
>陸「いくらたくさんお面があっても」
>陸「いくらたくさんお面があっても」
>陸「いくらたくさんお面があっても」

::::::::∧∧:::::::
:  /~)(~ヽミ 、 前回「安易な失言で犯人確定とかマジ勘弁www」って書いた矢先(?)にこれて…
 ̄`" ̄"'´ ̄
陸は一体いつ、どうして神社の中にはお面がいっぱいなんて知る事が出来たんでしょうねェ(ゲス笑い)
金田一が神社を見た際の違和感も合わせて4、5話時に書いたので省略。

・サッカーボール
第2話でみんなで仲良くサッカーをしていたシーンで金田一が派手に蹴っ飛ばしてフェンスを超えて田んぼの方の水路に落ちてしまったのと恐らく同じボールが今回流し場で発見されました。はて、どうしてここに?
今回金田一が辿った土手の上のあぜ道と水門。…露骨なヒントですなァ。つまりここ(水門)が本当の光太郎流し現場だと!
ここなら水門を開けたりろうそくに火をつける手間を考えても流し場から往復10分もかかりません。また土手の高低差があるので水の量もそれほど多くなくてもボートは流れてくれるでしょう…けど水路の幅が狭いのでボートの側面がガリガリ削れそうな気がしないでもないですw
サッカーボールもこの時に一緒にどんぶらこしてきたのでしょう。2話では水路に浮いていたのに今回その水路には水が無いのもヒントですね。

・「狐火流し」に見立てて光太郎の死体を流した隠された意味
・ろうそくが2本あった理由

単にろうそくの溶け具合によるアリバイトリックとか灯籠が2個並んで目立つからすぐ死体を発見してもらえる…とか言った単純な理由では無いようで…。前者は「これ(死体)は川の上流からどんぶらこと流れてきたんだよ!」アピールだと思うのですがろうそく2本がちょっと…うーん??


(´-`).。oO(川原刑事いい人なんだけど実は……なんて事ありませんように…)


今月半ばにマンガボックスで連載中の『小旅行』の単行本が出ますね。わーい。
本編は文庫化待ちですけどこちらは買います。
金田一少年の1泊2日小旅行(1) (講談社コミックス)金田一少年の1泊2日小旅行(1) (講談社コミックス)
あわ箱 天樹 征丸

講談社 2014-09-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
陸の可能性がかなり高まってしまいましたね

凛のトリック実行だけをみるなら忍のほうが条件は整ってはいるんですがね
陸だと、金田一が一緒にいる中でいきなり稲荷の後方へ回ったり、
白粉を洗う隙を窺う必要があるなど結構リスク高いですし
いっせー
2014/09/03 22:46
・・・ここまでRの犯人全員失言してるじゃないですか、やだーーーーー!

この時点で犯人断定しちゃってるってことはもう陸しかいない、ですよね(管理人さんの前回の推理通り、スズメバチトラップで母親が犠牲になったと思います・・・光太郎はまだ陸が靴紐を貸さなかったことを怒ってますし、心平が怒ってたのはやっぱり陸の事情を知ってたんでしょうか?)。前回管理人さんの推理したキマシ説思いっきりハズレっぽいですね(ちっ)。・・・同性のあかりなら三人でと言うのには納得してますが。でも光太郎が仕込んだとすれば、あそこまで気にしてないのは不自然だし・・・まさか、スズメバチを仕込んだのは茉莉香や凛であって、光太郎じゃないんでしょうか?
川原刑事は純粋にいい人だと思いたいですね・・・まあ、所轄に対する扱いやあんな断定しちゃえばはじめちゃんの方を応援したくなるのもわからなくはないですが。
・・・ロウソクや茉莉香事件もそうですが他に気になるのは、もし他にターゲットがいるのなら凛をスズメバチに誘い込んでしまった忍なのか、「それとも自分が貸さなかったせいで〜」な、陸自身なのか・・・(はじめちゃんとあかりは気にしてないとはいえ、本人自身が未だに気にしていたことからも可能性は捨てきれませんし)?
雪ん子
2014/09/04 00:02
おそらく陸で合ってるのでしょうが、一抹の不安もまだ残っています。
というのも、金田一が解いたのはまだ光太郎殺しの事件だけで、凛殺しについてはこれから考えようとしているところだからです。
「神社の内部を知っていることが犯人しか知りえない情報」であるというのは、凛殺しのトリックが解けて初めて意味を持つことです。だから、金田一が陸の発言を犯人と結びつけることは現時点ではありえないはずなんです。
で、別の根拠がないかと第二の殺人前後を読み返してみましたが、結局よくわかりませんでしたね。

ロウソクを二本用いた意味ですが、ひょっとしたらボートの向きを安定させるためかもしれません。
水門はおそらく川に対して垂直に開いているはずなので、そこから普通にボートを押し出しただけではクルクル回転しながら流し場に到着してしまいそうです。それだと不自然ですが、ロウソクを二本使えば、安定させられるんじゃないか・・・というのが、僕の思いつきです。
通りすがり
2014/09/07 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
金田一少年の事件簿R 狐火流し殺人事件6 ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる