☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 金田一少年の事件簿R 狐火流し殺人事件4

<<   作成日時 : 2014/08/06 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

障子の穴は事件の鍵穴。
画像

問題編:  
画像

●「ほんとのことなんてそうそう言うわけないじゃん」
>金田一「俺たち3人(金田一、陸、あかり)が川を下った後、助けを連れて戻るまでの6時間の間、
>遭難現場で待っていたメンバーの中で何かが起きたに違いない」

という理由で金田一は陸とあかりを容疑から外していますが、6年越しに殺人の引き金を引いたとなるとむしろあの時現場におらず、「何かが起きた」事を知らなかった方が怪しいような気がしないでもないです。

動機に繋がるであろう6年前の空白の6時間の検証は一刻も早くやって欲しいところです。
…今回もまた犯人の復讐は完遂されて今更な気がしないでもないですが('A`;)


●「狐」の骸は三つ
前回ラストでアリバイの無いことから金田一が容疑を向けた矢先に倒れ伏した凛。
悲しいかなアオリ文で骸と書かれているので既に息絶えているのでしょう。合掌。
死因も死亡推定時刻もわからないので現時点では断定は出来ませんが、口から血が流れているけれど他に血痕などが見当たらないので毒殺でしょうか?

…と、うっかり凛の死体ばかりに気を取られてしまいますが、よくよく2話と読み比べると背景に大きな差異が見られますね。2話にはなかった左側の障子の穴。更に良く見れば向かって左と真ん中の障子が入れ替わっているのがわかります。つまりこの障子を開け閉めした誰か…九分九厘犯人がいた、と。
すると第二話であの手を振っていた人物は一体…?(ここで1時間ほどあーでもないこーでもないと色んな可能性を検証しては行き詰まり頭を抱える)…あれが凛本人にせよ犯人のなりすましにせよ社の中に重要なヒントがある気がします。今回の事件、ホワイダニットが手強い…。

今週号は合併号なので次回は再来週。


(´-`).。oO(実は茉莉香が生きているって可能性は無いかなー。流石に無茶があるかなー。)


太陽の季節 (新潮文庫)太陽の季節 (新潮文庫)
石原 慎太郎

新潮社 1957-08-07
売り上げランキング : 97520

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
>第二話であの手を振っていた人物は一体…?

これまで挙げられているのは以下のパターンですね。
(1)凛本人(まだ生存)
(2)凛本人(既に死亡)
(3)犯人のなりすまし
(4)中身が人間以外

(1)だと犯人からの指示? (2)はどうやって死体に手を振らせたか? (3)は金田一たちと一緒にいなかった人物 (4)は…ちょっと想像つかないですが高遠なら容易に実現可能?

(3)(4)の場合は凛の死体は社の中にあったのでしょうか。
また、漫画作品の都合として考えれば
わざわざ美咲が写真をとってたのに(1)だと写真の意味合いが薄れちゃいますね。
いっせー
2014/08/06 23:35
こんばんは。どうして凛ちゃんが・・!
今回はいい話があるのにも関わらず、凛ちゃんまで殺した犯人が許せません・・。
あの時残った7人に対して復讐しているのなら、犠牲者はまだ増える可能性はありますよね・・。そうでないと話が成立しないんですが・?
犯人の中で、あかりちゃんが一番怪しいですね。光太郎のスマホの電話番号を交換しているし・・!
神風
2014/08/07 00:17
今回は珍しいホワイダニットという事でテンション上がります

動機纏めると内容は「取り返しのつかない過ち」だが被害者には「ろくに覚えても無い」事ですが
光太郎の反応から何かしらしたのは事実の様で少なくとも本当は善意の行為だったとかの誤解系は無く、ただ覚えてないと吐ける程で、今回陸があかりに当時靴紐を渡さなかった事に今も後悔の気持ちがある事から、特に何も感じてない被害者からの過ちは、陸の過ちにしたらそれ以下のという事になりますね(人の意識には個人差ありますが)
とすると被害者にとって過ちというのはちょっとしたイタズラか、半ば事故で起きた事か、もしくはうっかりからのミスとかとかですかね

あかりの場合、被害者が毒蛇でイタズラ等考えられますが、大事になって反省0は有り得ないので無し
陸は靴紐は更に裏があると考えられますが、殺人して余裕の無い人間の心理的に犯人の手掛かりになる動機の根源の話題は振るのはおかしいので無し(殺人慣れしている高遠だったら分かりませんがw)
やはり空白の時間に何かあったのか。あかりか陸が犯人なら当事者でないだけに話を自分の中で不必要に肥大化する事も出来ますし、6年越しの動機というのにも納得いきます
でも一番有り得る物を推理するなら、被害者の知ったかぶりの勘違い知識から犯人の悲劇に結び付いたとかだと思います。「取り返しのつかない過ち」にも当てはまりますし、被害者にとっても罪の意識も感じにくい。現に凛は毒を吸うとか「え」って感じな事してましたしね。ありそうです

まあそれらの内容にしてもまだヒント少ないし内容推理は次回以降。ここまで思わせ振りに描いて推理煽っておいてトリックと犯人推理だけで出題終わったら見切りつけますわ(何かありえそうでw)
キャラも陸とあかり以外今の所空気だし、前回みたいにならんで欲しいです
パラノイア
2014/08/07 02:21
読み返してて思ったんですけど、凛との別れのシーンに陸が写ってないんですよね。ポケットに手突っ込んでたのも気になるし、ずっと一緒にいたように錯覚させて、実は誰も凛がいたところで陸を見ておらず凛から離れる所を見計らってさりげなく後ろについて行ったとか…
よくわからない文章ですいません。
とくさん
2014/08/07 21:44
神社のシーンで確かに存在が確認できるのは美咲と心平だけで、陸と亮はあの場にいた事がはっきり描かれていません。ここで注目すべきは陸の行動です。陸は霧谷家から流し場までずっと右手をポケットに突っ込んでいます。花嫁姿の凛の手は白粉が塗られている。つまり、陸は白粉を塗った手を隠すためにポケットに入れていたのではないでしょうか。というわけで、犯人予想は神小路陸
ボーゾック
2014/08/08 15:58
>陸は霧谷家から流し場までずっと右手をポケットに

左手は?
凛の両手が写ってましたけど
いっせー
2014/08/08 18:07
先週に続いてお邪魔します。

同じくあかりが怪しいと思っています。
灯籠流そうって言い出したのはあかりですしw
手を振っていたのは犯人のなりすましだとすると、
男では明らかに体格がおかしくなってしまうので、
やはり女性であるあかりなのかなと思います。
金田一達が去った後、凛の死体と入れ替えて流し場までダッシュかな?w
障子の開け閉めは犯人のミスってことで。
Bz
2014/08/09 13:33
現時点でトリック面で最も怪しいのは、あかりですね。

障子の差違をよく見ると、2話の時点ではちょうど花嫁の右肘の辺りに位置していたと思われます。つまり、誰かが中に潜んでいて、ここから手なり棒なりを差し込んで右手を操作し、手を振らせていたのだという想像が出来ます。
このトリックが使えるのは2人ですが、忍にはトリックを使う意味がありません。一方、あかりにはリンを殺すことが物理的に不可能というアリバイを手に入れられます(金田一に誘われなければ、リンの死体発見まで亮あたりと一緒にいればいい)。
よって、トリック面で最も利益を得られるあかりが怪しいと考えます。次回以降で、心平らのうちの誰かが金田一らに先回りして流し場から神社まで行ける近道があるかということが焦点になるかもしれません(実際は、あかりが神社から流し場まで先回りするために使った道だったという感じで)。

動機面で思い付いた犯人像は陸です。
陸はあかりに対して引け目があります。冷たい奴だと思われたという感覚は、マリカらの献身ぶりと相対化されたことであらわになっています。
つまり、陸があかりに好意を抱いていて、靴ひもの一件があったばかりに、あかりを亮に取られる羽目になったと考えたならば…まあ、これはただの思い付きです。
通りすがり
2014/08/13 13:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
金田一少年の事件簿R 狐火流し殺人事件4 ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる