☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 金田一少年の事件簿R 雪鬼伝説殺人事件3

<<   作成日時 : 2013/12/11 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

くかー
画像

一晩中雪が降り続けている描写があるのに6時間以上前の足跡が健在とか雪国の雪なめんな(#^ω^)ビキビキとか思うのですが、そこら辺つっつくのは野暮なお話。

問題編: 

●タイムテーブル
【夜9時頃】
・ゲスト組が各コテージへ移動

【夜11時頃】
・黒木がインターホン越しに椿原、雲沢と会話
・金田一らスタッフ組が各コテージへ移動、この時出来た足跡は朝になってもうっすら残っている

【??】
・雲沢が何者かに襲われる(?)

【明け方4時少し前】
・ずっと酒を呑んでた月見里がやっと寝落ちする
・付き合わされてた松島田は朝食の準備を始め、黒木は10分ほど仮眠

【早朝5時】
・スタッフ組起床

【早朝5時半頃】
・スタッフ組がロッジに集まる
・月見里はまだ寝ている

【朝6時半頃〜】
・雲沢以外のゲスト組が朝食の為にロッジに集合、月見里も起きている
・金田一が黒木に頼まれて雲沢を呼びに行き異状に気付く
・黒木、月見里、美雪が雲沢のコテージへ
・全員のスキー板と無線機の紛失などによる孤立状態が発覚


●各人の言動
・月見里光
一晩中ロッジで酒盛りし朝食前まで爆睡。雲沢のコテージを確認に来た一人。
松島田のセリフからしてワンマン社長なのは事実っぽい。

・黒木守
恐らく月見里に付き合わされ夜中のアリバイはあるが「10分間仮眠」の怪しい空白の時間がある。
金田一に地図を渡して雲沢のコテージを確認に行かせたりあれこれ怪しさ大爆発。

・影平文芽
スキー板の紛失でスキーが出来ない事にご不満気味。

・鷹山翼
斧寺にスキーを教える約束を取り付けている( ´∀`)bグッ!
スキーが無くても籠城に問題なしと呑気な発言の月見里に対し責任問題を追及し、また失踪した雲沢の凍死の可能性について言及するなど冷静でオトナな言動が目立つ。

・鯖木海人
朝からリア充たちへ毒を吐くなど相変わらず。雲沢の失踪を「リアル神隠しキタ━(゚∀゚)━!!」と不謹慎に喜ぶも黒木に一喝される。今回の動機は「ネットでの無責任なデマの拡散による云々」と思われるので次の被害者要員と推測。…むしろ実はこいつが犯人で動機編でお涙頂戴話を語るのを見てみたい気もしないでもない。

・斧寺空美
鷹山が言及した「雲沢が凍死した可能性」の話に顔色一つ変えない、「雲沢さんは雪鬼に襲われて食べられてしまった…なーんてね^^」と不気味な一面を窺わせる。

・柊森一郎
朝っぱらから椿原に粉をかけている。今回空気。

・椿原紅湖
柊のナンパを軽く袖にしている様子。今回は柊と一緒にオロオロ要員。


●雲散霧消
前回何者かに襲われた(らしい)雲沢夏樹。しかしコテージはもぬけの殻。
コテージ周辺に積もった雪には足跡が無く、夜間雲沢自身も含めて誰も出入りした形跡が無い。さてさて。
・「2」の文字のあるドアは開いていた
・ドア横の壁に「雲沢」のネームプレートが下がっていた
・ベッドや洗面台に使用した形跡がある
・干してある下着とパーカーだけが残っていて、残りの荷物や鞄も消えていた
・電気と暖房はついていたがベッドは冷たかった


『夜11時時点の足跡は残っているがコテージの周りには足跡が無い』『夜11時にコテージにいる雲沢と会話をしていた』の2点によりまるで雲沢が神隠しにあったかのような状況ですが、『金田一少年の事件簿』のルールに則れば当然トリックがあるはずです。
「犯人は空を飛んだ」「人工降雪機で足跡を埋めた」「高遠が足跡を残さない脱出トリックを伝授していた」などのトンデモトリックでも無い限りまず考えられるのは、「そもそも雲沢は(金田一が見に行った)2号コテージに泊まっていない。あたかも雲沢が宿泊した様に見せかけた犯人の工作で雲沢の本当の宿泊先=犯行現場は別の偽2号コテージ」と言うパターン。
となると怪しいのは前回案内図を配ったりして宿泊先を操作出来るポジションの黒木。例の「10分間仮眠」の間に偽2号コテージへ突撃して殺害…?うーん、何か安直な気ががが。コテージの誤認トリックって過去作やQでもやってましたし…。推理しといてなんですがこれはちょっと外れて欲しいですなw
まぁデータが出揃ってない現段階ではこれ以上考えても詮無き事。ロッジと各コテージの位置関係などの全体図が欲しいところですが…。


●チェックポイント
・松島田「いじめをするものはおらんか〜」
 →松島田も雪鬼ヶ岳近郊の人間?
 →左利き
(´-`).。oO(松島田は容疑者枠から外れてると思うんだけど怪しいところは一応チェックしておきたい)

・標識
 →コテージは1〜3号、4〜7号、8〜?号の3ブロックに分かれている模様。1、3号コテージにゲスト宿泊者がいて途中まで雲沢と一緒だったとの証言が得られると前述の推理は破綻する。
 →この標識をちょいと捻って違う方向に誘導出来るかもしれない

・「11時に黒木さんがインターホンで〜」
うん?前回雲沢は「もう10時だ」と言っているが…?
 →原作側の凡ミス?
 →雲沢が本当に泊まっていたコテージの時計が遅れていた、などの今後の物証に繋がる伏線?


現段階で疑ってるのは前述の通りの理由で黒木の独走状態ですが、怪し過ぎて逆に容疑を外してしまいたくなってしまいますw(←第二話の時点では鷹山がハナ差でリードしていた)でもゲスト側が犯人だとするとハッキングでターゲットを選べてもロッジやコテージの事前工作はちょっと無理な気がするんですよねぇ。これはちょっとメタ推理ですけど。
…これで実は「雲沢が襲われた様な描写は単なる一人芝居で読者を騙す叙述トリックでしたーwww雲沢が犯人でーすwww」だったら盲点過ぎてすごい(壁に叩きつける的な意味で)いい意味でスカッと騙されたいものですね。

今週号は合併号なので次回は再来週です。


星降り山荘の殺人 (講談社文庫)星降り山荘の殺人 (講談社文庫)
倉知 淳

講談社 1999-08-10
売り上げランキング : 49447

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これにも見事に騙されましたなぁ。ちくしょうちくしょう└(:3」┌)┘))ジタバタ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今のところ、現場誤認のトリックの可能性が高いですね。

黒木が一番怪しいのも同意。怪しすぎるのも・・・。

いい意味で、期待を裏切ってくれると、いいんですがね。
旅烏
2013/12/16 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
金田一少年の事件簿R 雪鬼伝説殺人事件3 ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる