☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS BAMBOO BLADE C 第4話

<<   作成日時 : 2013/08/31 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何かチコはクリム以上に存在意義が危ういような……。
画像

もっともチコがいきなりピカーンと覚醒して剣道小町をバッタバッタとなぎ払う展開が読みたいって訳じゃあないんですが。メインヒロイン(…ですよね?)なのに空気化のスピードがクリムのそれより早くてハラハラします…。

●始まりの一本
話は早くも夏と秋を通過し、BBA終盤で行われたバニッシュ学園でのウラウメ対決も触れられていました。
…でもこれBBA見てない人には多分何がなんだかさっぱりな上に超弩級のネタバレ混じってるんですが…。
前回ラストの曇った横顔でもうスズハルに見切りをつけたかと思ったらば、それどころか身も心も捧げちゃう意気込みっぽい(語弊)なキキさん。ウメの叫びが刺さりながらも火が点く気配はありません。

夏はこの数ページのエピソードで終わり、先輩方は去ってゆき男女合わせてやっと5人(内3人は練習試合に出る気は無い)とか深刻な人数不足は室江や飛鈴の比じゃありません。このままスズハル(とキキ)個人に焦点を当て続けていくみたいです。

さてスズハル一人で訪れた鶴峰高校との練習試合は顧問がいないことを良い(悪い)事に1本1000円の賭け試合に。他の部員の様子から日常茶飯事の様で。この賭け試合を持ちかけた有満、ゲスいながらもそこそこの実力者。BBB3巻に出てた政文中剣道部の顧問に似てるなァ、と単行本を読み返しましたが名前が違ったので単なる他人の空似orテンプレ悪役顔ってとこですか。

「負けられない」「勝たなきゃ」「強くならなきゃ」と自分を縛り付ける鎖に苦しめられ続けたスズハルでしたが、遂にここに来て『初めての、始まりの一本』を手にします。1000円以上の価値、プライスレス。
…しかしもしここにキキやチコがいたらもうちょっと結果も違っていたのかもしれないと思うと…。まぁここでこのナレーションまでつけて次回からまたヘタレに逆戻りとか考えにくいので大丈夫だとは思いたいのですが「3年間」をこうも強調されると若干の不安が覗きます。

ところで今回ちょっとスズハルに肩入れしてくれた鶴峰高の片岡くん。周囲の反応からおそらく彼も高1なので今後また大会でのライバルポジションとして出番が回ってきそうな予感。


作中では早くも半年くらい経過し、やっとこさスズハルに明るい兆しが見え始めましたが、しかし同時にカグヤと佐藤が高校剣道界に参戦する日もまた近し…。


千円札は拾うな。 (サンマーク文庫 B- 112)千円札は拾うな。 (サンマーク文庫 B- 112)
安田 佳生

サンマーク出版 2008-08-05
売り上げランキング : 121913

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BAMBOO BLADE C 第4話 ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる