☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 近代宮廷で繰り広げられる少女帝と少年侍従の物語『パレス・メイヂ』1巻

<<   作成日時 : 2013/06/24 23:53   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

先日「ガラスの仮面ですがDVD」目当てに買ってきた別冊花とゆめ。
折角なので本誌も読むべ、とパラパラ読んでピキーンと私のセンサーに引っかかったのがこちらの作品。
画像

しかもタイミング良く今月1巻が出ました。これは買えと言う天の御声であると私は直感したのでございます。

物語は仮想明治時代が舞台。
家の借金を返す為に先帝の明慈帝が造られた宮殿「パレス・メイヂ」に勤める事になった主人公の御園公頼。
その宮殿に御座しますは切れ長の目元涼やかな若き女帝の彰子(あきこ)様。
今巻ではこの二人の出会いと交流が描かれております。

現在公式で第二話にあたる回をまる一話分試し読みが可能となっております。なんと贅沢な!

宮廷モノ、と申しますと「なんて素敵にジャパネスク」「心に星の輝きをシリーズ」等の様に平安時代が舞台の作品が多く見られますが、明治以降となるととんと聞きません。
今作は女官たちは姿で女官長だけ洋服など、和洋混交な独特の時代背景だけでも惹きつけられるものがございます。

軍服姿に剣を帯び、女官たちが傅く中、出仕達を従えて颯爽と歩くだけで絵になる彰子様は今風なカテゴライズを致しますれば黒髪ロングの素直クールにあらせられます。美味しいです超美味しいです^q^

これが主人公が女官で相手役が少年帝だとしたら、それはそれはもう古くからの童話からよくある様式に則って、速攻帝の御寵愛を受けるわ宮様からもモテモテだわの愛されモテカワスイーツ(笑)で他の女官からの嫉妬による陰惨な虐め展開になりかねないところを性別を逆にしたところで上手く均衡がとれております。

素直クールな彰子様は躊躇いもなく「私は御園が好きだぞ」と仰いますがまだ恋愛感情としての「好き」ではない様に見受けられ、生真面目な御園の方もまた敬愛の域を抜けてない様にも感じられます。
また「女帝は退位しても結婚も出産も許されない」という仕来たりがある為に、安易に御園と彰子様がくっついて目出度し目出度しのハッピーエンドにはならない事が既に示唆されてますので、果たして二人の関係が今後どうなってゆくのかも注目の一つでございます。

単巻完結?と思える程キリが良いところで終わっていますが2巻に続きます。
わたくしこの1巻の時点で大満足ですが、本誌を拝読してピキーンときた回(2巻収録)は宮中で開かれる歌会が舞台でしたので、そういった近代宮廷ならではの四季折々の行事などが描かれると歴史モノとしても更に化ける作品になる事と思われます。


あと個人的に明慈帝と、明慈帝に仕えた仕人(下働き)の柏木翁の逸話がとてもようございました。
外伝で読んでみたいですね。


パレス・メイヂ 1 (花とゆめCOMICS)パレス・メイヂ 1 (花とゆめCOMICS)
久世番子

白泉社 2013-06-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近代宮廷で繰り広げられる少女帝と少年侍従の物語『パレス・メイヂ』1巻 ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる