☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件12(解答編)

<<   作成日時 : 2013/04/03 23:08   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

三つの不自然発言と禅田殺しのトリック解明編。じー。
(※現在連載中の金田一少年の事件簿『薔薇十字館殺人事件』のネタバレ注意!)
画像

「今回の事件はハウダニットモノなんだ、フーダニットは全く重要視されてないんだ、真相当てクイズやらなかったのがその証拠だ」と思い込む事で心の平安を保つだけのステキな一週間でした。

問題編:        
解答編:10 11

●薔薇十字館の殺人
館の地上一階と地下一階の十字架の角度のズレで「南端の部屋」と「禅田の死体発見部屋」は別、とほぼ100%推理通り。ドアから外に出てアーチを塞ぎながら金田一の後を追って戻ったってのも当たりましたヘッヘッヘ。
でも悲鳴を上げた際に美雪が「白樹先生が襲われてるんじゃ…!」と聞き間違えたから良かったものの「ジゼルさんだわ!あれは間違いなくジゼルさんの声だわ!」と看破されたらどうするつもりだったのやらw

それはさておき、ジゼルは一旦自分の部屋に戻り12時丁度に北端の部屋前に行こうとする冬野と部屋の前で会って同行した事になってますが、103号室の前で佐久羅がずっと立ってたのは彼が犯人でない以上間違いないでしょうから、そうなるとジゼルと冬野の部屋は111〜113号室のエリアしかあり得ません。「佐久羅さんが廊下にずっと立ってた」「冬野さんと月読さんが一緒にホールの方へ歩いて行った」と相互証言も有りませんしね。

タイムテーブルをもう一度紐解いて
11:55
白樹先生が一階のホールで待機
金田一と美雪が南端の部屋の外で悲鳴と争う物音を聞き、部屋のカーテンの隙間から禅田の着物とカーテンを閉める手を見る

金田一と美雪が館に戻り、白樹先生と一緒に地下に降りる

ジゼルがアーチを塞ぎながら二人の後を追う様に館の自室に戻る

12:00少し前
ジゼルが何食わぬ顔で冬野と合流し一緒に北端の部屋へ移動する途中、階下の騒ぎを聴いて降りてくる
(北端に行って待ってたと言う発言が無いので修正)

となる筈ですが、にも関わらず冬野は部屋の前をドタバタ駆け抜けて行った金田一達には全く気付かず、また8話で金田一が起こした嘘の火事騒ぎでは西端のドアからすぐ外に飛び出せるはずなのにジゼルも冬野も逆方向のホールの方にいるのは描写として不自然な様な…。ああもう館モノなのにハッキリしない部屋割ィ…!

…しかしこの館の主は何を考えてこんな構造の家を建てたのやら。それとも中村青司の設計なのかw
まるで最初からこのトリックで殺人事件を起こす想定としか思えない構造な割には警察が来て検証されたら速攻バレますなw 火事にトラウマがあるなら放火炎上も狙えませんし…って『オペラ座3』があったか。


●三つの失言
・「何かあったんですか?金田一さん七瀬さん」(7話)
これは本編で「たまたま目に付いたから」とあっさり論破されてますがw
確かに「皆さん何事ですか」と尋ねるのが自然ですが、金田一の理屈の「あの時騒いでいたのは俺たちよりもむしろ毛利さんや白樹先生だった」ってのは無理があります。7話読み返しても語尾に「!」をつけて一番騒いでいるのは紛れも無く金田一本人です。

・温もりの泉に斑模様の薔薇を〜(5話)
前回も書きましたが男女の風呂で浮かんでいた薔薇が別ならともかく、同じなら犯人だと断定づける根拠には弱いと思います。「女風呂にあったから男風呂も同じだと思った」「女風呂に浮かんでたのが印象的だったので連想しただけ」で回避出来るレベルです。そもそも祭沢が風呂に入った前提で詠んだ歌って時点で犯人だと断定する方がおかしいのでは…(※ただしこれはメタ推理)

・ニオベの娘(7話)
>高遠「あれはローマの国立博物館にある『崩れ落ちるニオベの娘の像』から取ったものでしょう?」

(゚д゚)…なにそれ。
ググってみましたが
"崩れ落ちるニオベの娘の像"との一致はありません。
(※この文章を最初に書いた時点の結果)
(#^ω^)ビキビキ

なんとか「ニオベの娘」で画像検索すると件の像の画像が見つかりましたが「片腕が失われた状態で発掘された」なんて文言は見つかりませんでした。どうしろと言うのでしょうか。
高遠のロジックは「片袖が無かったのは片腕が見つからなかったニオベの像になぞらえているから」と言う事の様ですが、問題編で「これは『ニオベの娘の像』の見立て」という発言は皆無且つ「何故あの部屋から千切れた片袖が見つからないのか?どこへ消えたのか?」という謎が提示されていない以上、こんなのを犯人の決め手にするのははっきり言ってアンフェアです。ノックスの十戒「探偵は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない」に思いっきり抵触しています(高遠は探偵じゃないからOKてか)
ニオベの娘の像がミロのヴィーナスやダビデ像並に有名ならいざ知らず、ググっても引っかからないマイナーな像な上に館内に像が置いてある等のヒントも無しに解答編でいきなり出されきても話になりません。

「テーブルが邪魔で禅田の死体の状況はわからなかった」を決め手にするのも金田一が「ボウガンの矢が刺さっている」と言う前に「これは『私を射とめて』って見立てだわ!」って言ったのならともかく…。大体「矢に撃たれて死んだ神話のエピソードを拾っただけ。詩的表現の範疇。ニオベの娘の像?そんなん知らん」で回避されますがな。


第一この三つを並べても「薔薇専門カメラマンが青薔薇のお披露目にカメラを所持してこなかった」の一点に全くかなわないと思うんですがねぇ…。本当にこれ最初からジゼルを犯人と想定して作ったのか疑うレベルです。


お粗末にも程があるマーメイド夕海殺しをやらかした高遠にお粗末と罵られたジゼルの明日はどっち(高遠に殺されるor生存して刑務所行き)だ!で次回は恐らく動機編。動機語る前に高遠に殺されたらどうしましょうw


ニオベ胸像 No.123(岡) 絵画・デザイン・色彩 石こう像 B01-0833ニオベ胸像 No.123(岡) 絵画・デザイン・色彩 石こう像 B01-0833

美術出版サービスセンター
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件12(解答編)  ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる