☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件5

<<   作成日時 : 2013/02/06 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

あら遠山さんってば詩人ですね…
画像

問題編:   
画像


●祭沢死亡時のあれこれ
・高遠「彼(祭沢)の死因は心臓を一突きにされたことでしょうがそれにしては出血が多すぎます」
前回ラストの描写から午前1時半頃にあの応接室で血が流れたのは確かですが、応接室が祭沢が刺殺された現場だとするとそんな深夜に警戒してるであろう彼を一人だけどうやって呼び出せたのかが気になりますね。

可能性としては
・青薔薇をダシにした→それでも一人でノコノコ行く?
・呼び出されても警戒しないような相手だった→顔見知りの冬野?
・寝ていた所を襲われた後で応接室に運び込まれた。刺された現場は別。→1時半はややリスクが大きい気が

出血の多さは後述の杭の貫通も関係していそうです。

・応接室の鍵はキッチンの壁にあった
金田一は「脱出不可能の密室」と言ってますが、、鍵が外部にあったという事は完全に密室の不可能犯罪…と言う訳では無さそうですね。鍵が室内にあったら完全にお手上げでしたので。
犯人は堂々と部屋から出て鍵をかけてキッチンに戻したのでしょう。じゃあ青薔薇をどうやって敷き詰めたのかとなりますと…うーん…。

・床まで到達した杭
金田一が言及したと言う事は単純に怨恨が理由だから…では無くトリックの臭いがプンプンします。
わざわざ床に縫い付けた理由…殺すだけでは飽き足らず、わざわざ杭と薔薇を用意してゴルゴタに見立てた理由とも繋がる様な繋がらない様な…うーん…zzz......

人力ですと豚肉の塊に串を貫通させるのも結構力がいるものですので、杭で人間の体とカーペットを貫通して床まで到達…となると犯人は男性の確率が上がりますかな。女性でも体重掛ければいけるのでしょうか。人間に杭を打った事が無いのでこればかりはw
…人力でないならば!実は部屋全体に仕掛けがあって!ダムウェイターの様に応接室の床が昇降するとか!実は地下室があってそこから逃げたとか!うっかり上げ過ぎて杭が天井にぶつかって床までめり込んだとかー!(ノックス先生大激怒

…もしそんな仕掛けがあったとすると毛利が怪しいですね。皇の死体をワインセラーに移したのも中に入らせない為とか考えられます。まぁあったらの話ですけど。

【追記】
部屋自体に仕掛け有りを考慮に入れるなら部屋が円形なので床が回転する仕掛けがあるとか。部屋全体の昇降よりは現実的な気がします。死体の…と言うか杭の位置が部屋の中央にあたるかどうか判然していないのでまだ保留で。
んー、床が回転するだけなら密室の謎は解けても犯人の確定に繋がる要素はありませんなぁ…手強い…。

・現場に戻ってきたジゼル
犯人は現場に戻ってくるなんてよく申します。彼女は手袋もしてますし色々と怪しいと言えば怪しいです。
煙に巻く様な言動に騙されてはいけません…けれどこれと言って犯人だと断定出来る様な要素もありません。


●ミッシング・リンク
今回の事件のキーポイントになりそうな「青薔薇を見ると言う目的以外に招待客を繋ぐ隠された共通点」が示唆されました。今のところ「全員の名前が薔薇由来」(4話の感想・考察を参照)くらいしか思い浮かびませんが、しかしそうなると今度は高遠の存在が浮くんですよねぇ。他の招待客全員にミッシングリンクがあるなら彼にもある筈なのです。

うーん…実は第一話で高遠が金田一に見せた手紙は偽物で、冒頭に受け取ったのは「殺人プラン練ってくれよー」という依頼書だったとか…。でも今回の情報交換や現場検証は金田一に協力的ですし…うーん。


●チェックポイント
・祭沢が浴室で見たもの
前回脱衣所、と書きましたが浴室に「見えない棘」が仕込まれていたようですね。ジゼルが詠った『斑模様の薔薇(蓮花)』が男風呂にもあったのか、それとも他の薔薇があったのか…。
…と同時に気になるのはあのコマで高遠が見たのは祭沢の後頭部であって青ざめた祭沢の表情は伺う事は出来ない筈なのですがこれは一体…。

・扉が開かない107号室の隣のホール
・地下にある橋の階段から上がるしかない
・扉も窓も内側から釘で打ちつけられている

怪しいですね。怪しすぎるデスネー。
2話の時にも書きましたがここで何かが起こるフラグが確実にバリバリに確立しております。

……ん?
祭沢を「潔白を失い死を望む」と自殺をほのめかす様な殺し方をしたと言う事は、仮に第四の事件が起こるとしたらそれは犯人にとって致命的なミス或いは突発的なアクシデントが起きてその隠滅を図った、と言う事になるのでしょうか。ここで犯人に繋がる決定的な手掛かりが得られそうな予感がします。…人が死なないとヒントが手に入りそうにないってのもモヤモヤしますがw

何か知っているであろう禅田みるくと冬野八重姫を、彼女らが被害者になる前に絞り上げねばなりますまい。

そうしましょう(ミステリーの意義とは)


図説 拷問全書図説 拷問全書
秋山 裕美

原書房 1997-04
売り上げランキング : 396429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ジゼルは見つかった時、咄嗟に電波キャラでごまかしたように見えるので電波を演じてるような気が…

高遠は
「今回も私のプロデュースでしたが金田一君をおちょくるためにあえてこんなシチュエーションにしましたw」
なーんて事はこんな露骨過ぎるフリがあるとないように思います…

2013/02/06 22:57
似たような推理ですが、杭を軸にして部屋のカーペットを紐か何かで引っ張って回転させたのかなと考えました。
高遠が『ゴルゴダの丘なら両手両足に杭を打つ』と言ってますが、それをせずに死体の中心に杭を打った点、部屋が円形という点からして、回転させて青薔薇をドアの前に持ってきたというのは間違いないかなと思います(^∇^)

現時点では誰が犯人なのか全く検討も付いてません…次の殺人で犯人の手掛かりが出てくるかと思われます。全員に共通する薔薇の品種名がダイイングメッセージになるのではないかと予想してます。

2013/02/12 07:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件5 ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる