☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 「金田一少年の事件簿 電脳山荘殺人事件」こうてきたよー

<<   作成日時 : 2012/09/18 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「金田一シリーズの名作」ランキングがあったら上位に喰い込むであろう小説版が復活!
画像

先週発売されてたのにやっと気付いて本屋をハシゴしまくって、
「ここで無かったらもうAmazonだな」と決めた5軒目でやっと発見購入…しんどかった…。

雪に閉ざされた山荘にパソコン通信(この辺に時代を感じる)のオフ会で集まったオンラインミステリーサークル『電脳山荘』の男女7名。お互い初対面で素性も本名も知らない、しかし何やら後ろ暗い過去を共有しているらしいメンバー。その中、メンバーへの殺意に滾る『トロイの木馬』の独白。
そこに遭難しかけた金田一と美雪が転がり込み、そして次々起こる殺人事件…!

公式サイトで本編を最初の事件が起こる2章まで(約100ページ分)試し読み出来ます。
何と贅沢な!





ちなみに犯人『トロイの木馬』の正体は『琢磨』です。
なんとひどいネタバレ…!しかし十角館の殺人よろしく彼らはお互いハンドルネームで呼び合う為、誰が『琢磨』なのかは最後までわかりません。きらびやかな経歴のメッキが剥がれると同時に一人ずつ虚構の世界に溺れる弱い正体と本名が露わになっていくので徐々に範囲は狭まって行くのですが…。

名作の誉れ高い鮮やかなトリックに唸って頂きたいですな!
ややネタバレ:それにしてもこの事件、小説ならではの叙述トリックが仕込まれているのによくアニメ化しましたなぁ…リアルタイムで観てましたが例のシーンは上手くごまかしてましたなw


小説版はこの『電脳山荘』まで講談社文庫版を持っていたのですが(このたび差し替えに付きブックオフ行き)、それ以降のノベルス版は文庫版で揃えよう!と頑固に待っていたので全くの未読でした。
12月に第四弾の『鬼火島殺人事件』が出るので今から楽しみです。


小説 金田一少年の事件簿(3) (講談社漫画文庫)小説 金田一少年の事件簿(3) (講談社漫画文庫)
天樹 征丸 さとう ふみや

講談社 2012-09-12
売り上げランキング : 21117

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしいー!作者が読者に仕掛けたイタズラにまんまと騙された記憶が…(^ω^)消去法で琢磨の正体を暴こうとして余計に混乱し、『まさか琢磨は電脳山荘のメンバーじゃない外部の人間⁉』とアホな推理をしながら読んだのも懐かしいw

アニメ版の例のシーンは『ほぅ、そう来ましたか。しかし若干苦しいですなぁ』とニヤニヤしながら見てました。ぱとりしあの死に顔が微妙に怖くて、軽くトラウマになった記憶がw

2012/09/20 17:45
事件が起こる度に本名が明らかになって行くので、なまじあれこれ計算すると逆にドツボにハマりますよね。私も見事に、完全に騙されました\(^o^)/
…流石に外部犯の可能性までは考えてませんでしたがw

>アニメ版の例のシーン
小説ならではの叙述トリックの真髄シーンでしたからねぇw
勘の良い人ならあの不自然な描写でピンと来たかもしれませんね。
那智
2012/10/03 23:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「金田一少年の事件簿 電脳山荘殺人事件」こうてきたよー ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる