☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ハルポリッシュ 第17話「天才と天性」

<<   作成日時 : 2012/09/06 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

\拝先輩のバーカ!/
画像


さてその中堅戦。意外にも真剣使いだった早乙女と不安要素の塊の様な拝先輩の対決。
振ってる本人は大した事ないけど…やっぱり日本刀っていいなぁ…
岡本さん酷いです。まぁ真剣を目にしただけでトランス状態になったりしないだけマシにはなったのでしょうけど。
勝負は圧勝なのに試合は大ポカやらかして負ける辺りある意味予想通りと言うか何と言うか、拝先輩ェ…。

副将戦のコータはビクビクオドオドと嗜虐性をそそるだけあって、素質はあるのに上級生たちは弄るばかりで錆びつかせていたようで、敵を斬る事を忘れて自分の迷いやら怯えやらがぐるぐると。
一方シュンは集中出来てるのか特に心理描写などは無く14ページ目の納刀シーンがなかなかカッコイイです。
ミスが勝敗を分けるとの若菜先輩の考えに反して特にミスをした様子も無くシュンの勝利。コータが稽古時の実力を出せてたら結果が違っていたのかもしれませんが、そこはコータ本人の責任と言うよりは上級生連中のせいですよねぇ。

かくして予想通り2勝2敗で大将戦へ。
遠山は「いい所で回ってくるのは天才の宿命」などと嘯いていましたが、それはハルも同様でして…。

>これは勝負ではなく私のショーなのです
抜刀時こそ貫禄たっぷりながらもこの若干ナルシスト思考の遠山と、目の前の敵をただぶった斬る事に集中している(居合の本質ではある)ハルとの意識の差がハッキリしたくだりですね。
今にしてみると「彼女との会話」なんて本当に出来ていたのかどうか┐(´ー`)┌
結局一番無様に負けてしまった遠山さん。ハルは目の前の敵と戦っていただけで特に彼女への悪意も何も無いだけにそのプライドも心もボキボキですザマァ。

……え、海ノ木編、対戦前で3話使って試合は実質2話足らず…だと…?でもって巻藁斬りも無しだとぅ…?


若菜先輩「もうすぐ6月ですから春も終わりです。夏が来ます」

『夏が来て 秋が来て 冬が来て そして再び春が来る』

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
春から春へすっ飛ばした―――――ッ!!!キング・クリムゾン――ッ!!

えー…えー…えええー…と…。
公式にはまだアナウンスがありませんが残念ながら何でも次回で終わりだそうで…(※一応まだ不確定ソース)
多分拝先輩は留年してまだ四季ノ森に残っているというオチになる予感。


春はめぐり来る (ハーレクイン文庫)春はめぐり来る (ハーレクイン文庫)
スーザン フォックス Susan Fox

ハーレクイン 2007-01
売り上げランキング : 289983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハルポリッシュ 第17話「天才と天性」  ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる