☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第35話「破壊と再生」

<<   作成日時 : 2011/08/18 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クリム「…ベルジはそんなこと言わない」
画像

1週間遅れで何事も無かったかのように更新(BIGLOBEのIDを失念して途方に暮れてたのは内緒だ)

●破壊と再生
今回のサブタイトルの「破壊と再生」は普通は対となる絶望と希望を表す筈のものですが、
「再生」したのは敵に回ったタナトスフェーダーなのでどちらに転んでも絶望と言うオチ。
サブタイで少し期待した希望なんてどこにも無かった…。

世界が滅亡すると言う事は最初から分かっていた事とは言え、レオドリス様が必死に守るはずだった国が蹂躙され女子供が殺されていく様はとてもとても悲しいものだ

アカルレンは正統派イケメンの一見主人公格キャラなのになかなかスポットライトが当たらず、
シロサギやアースカルフに後れを取り続けた挙句、やっと見せ場が回ってきたと思えば2ページで瞬殺
脇役に急にスポットが当たったり余計な過去の回想などが入ると死亡フラグと申しますが、
そのフラグが立つ以前にバッサリでした。合掌。土塚先生はほんまドSやわぁ…。


●空っぽな人たち
『大魔王』による蹂躙が進む中、『女神』たるミト様はもう何もかも諦めてマテパ本編で言う所の空っぽな状態。
見えない何かとキャッキャウフフする惨状です。もうど――――――〜〜〜でもいいや。

ミト様の諦めの理由の一つが「デュデュマは大地の守護者且つ星の核なので倒したら星が死ぬ」という点。
マテパ本編に伝わる「大魔王デュデュマと女神の伝説」によればこの後大魔王は女神と三十指によって倒され地の底に還されています。これも最初から分かっている事です。でも星は死んでいません。
絶望的な状況ですがフェーダーが融合者のベルジ抜きで復活していた事とフュンフが発掘された事でヌル起動の条件は整っています。人類反撃のチャンスと星の存亡はどうやらヌルに託されてますがそれを使うのは果たして誰になるのか。
クリムか!やっぱりクリムなのかー!?


一方ポッカ島に帰ったシュウガを待っていたのは焦土と化した故郷とひょっこり帰ってきた父親との意外な再会。
こちらもベルジを失って空っぽの状態のシュウガですが、重症なミト様と違い復活の兆しになると思われるベルジの手紙がありますので次回辺りそれを読んでふkk…

…字…読めたっけ…?


賞味期限がわかる本 (宝島SUGOI文庫 F と 3-1)賞味期限がわかる本 (宝島SUGOI文庫 F と 3-1)
徳江 千代子

宝島社 2009-04-04
売り上げランキング : 104569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第35話「破壊と再生」  ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる