☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件10(解答編)

<<   作成日時 : 2010/07/07 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

密室トリック解答編。
(※現在連載中の金田一少年の事件簿『錬金術殺人事件』の考察・ネタバレ注意!)
画像

問題編        
推理・考察まとめ

●大鋳造!劇的アフターバーナー
…まさかの石膏、断熱シート、ガスバーナーの登場に驚きを隠せない私でありましたとさ。
ナレ「なんということでしょう!匠の技で一度外されたインゴットが元通り。
あとは細かいバリを外せばもう金田一にも分からないほどの出来栄えです」

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
…いやいやいや。
…正直まさかここまで力技とは思いませんでした。石膏の鋳型とかそんな綺麗に出来るとは思えないのですが…。
ぐっ…しかし金田一が「(犯人は)何度もリハーサルしてた」と言うなら出来ちゃうのでしょう…ぐぐぐ…。

ん?4話で蛍がグースカ寝た時のゴオオオ・・って擬音はもしや雨風の音ではなくバーナーの音…?

ところで私はインゴットに挟まれた一枚板が各原子番号に対応した金属製だと推理しましたが
インゴットも、となると玲香の部屋の扉が金ピカじゃないのに説明がつかない気がするのですが…。
そしてスルーされるプラチナ…。

あと凶器の剣は錫製なので溶かして壺の中に隠した、までは推理上にあったのでともかくとして
繭村の死体発見後に各部屋を捜索したのに剣は見つからなかったのですから
既に繭村の部屋の花瓶の中で形を変えて固まっていた、と言う事になります。
しかしそうすると蛍や鬼沢を殺した剣は一体…?石膏の型がある?やっぱり二本目がある?


凄く今更ですが推理・考察での「熱した剣で一枚板を焼き切る」と「剣を溶かして処分した」は絶対両立しませんよねw
やぁこれはウッカリウッカリ☆ ごめんなさいorz


キバヤシが密室トリックを解決しただけでは犯人はわからないと豪語した様に、
メインの二つのトリックは解明しましたが犯人の告発は次回に続きます。
ちょっとひっかかるのはくじ引きトリックを「巧妙な心理トリック」と金田一が言っている件。
繭村と結託した二重底トリックは別に心理トリックではないような気がするのですが…?


A級石膏  (HS-750) 1kgA級石膏  (HS-750) 1kg

ゆめ画材
売り上げランキング : 53348

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件10(解答編) ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる