☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS BAMBOO BLADE B 増刊ヤンガン特別編「初太刀と呼吸」

<<   作成日時 : 2010/07/31 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ヤンガンにガンガン掲載作品の特別編とな。
画像

今回は18話19話の間の補完、本編では重度のブラコンにゲーマーとしか描かれなかったカグヤが
遂に剣道小町のとしての本領を発揮……ってむしろこっちが本編だーッ!!!

●「いいなァ…姉ちゃんと戦えて」
ここ、「いいなァ…ユウさんと戦えて」じゃないんですよね。
陽ちゃんはユウちゃんに憧れてはいますが、剣道に関しては姉カグヤの方がウェイトが重いようです。
そしてそれほどまでにカグヤは強い、と。


●天才型剣士
「どうすれば正確な打突が打てるのか」→「うりゃって打てばバシっと決まる」
「どうやって間合いに入れるのか」→「えいえいってやってれば入っちゃう」
「どうして動きが読めるのか」→「な ん と な く」
そして本家バンブーでタマちゃんが長々と剣道との向き合い方に悩んでいたのに対して
ケロリと「わかんない」で済ます辺り…。
とは言え何もしない最強キャラでは無く持ち前の尋常じゃない集中力を更に研ぎ澄ませた結果、
倒れるまで稽古したり手のマメを何度も潰したりとそれ相応の下敷きはちゃんとあるようです。ピンときませんけどw


●3年後
本気モードにギアチェンジし圧倒的な力の差を見せつけるカグヤ。だから何故こちらが特別編なのかw
ユウちゃんはカグヤが本気モードになる前の時点で「一生届かない気がする」と述懐していますが
カグヤの方は3年後にはユウちゃんが自分と互角レベルにまで成長すると見込んでいるのでしょう。

ところで剣道小町の序列はだいたいウラ≧ウメ>カグヤ>その他ってとこでしょうか。
3年後ならずとも1年後の高校女子剣道界が楽しみです。
IHや玉竜旗でタマちゃんとウラ、ウメ、カグヤが一堂に会す……おぉ胸熱。


3年後のカラダ計画3年後のカラダ計画
槇村 さとる

幻冬舎 2008-06-11
売り上げランキング : 15618
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
実力的には何とも言えませんね。元々剣道小町として数えられていたカグヤですけど
小学6や中一の頃と違って
体も育って経験も積んで技も磨いただけに、すでに大きなな差は無いかもしれません。

しかしこれは本誌に載せないとダメでしょwと自分も思いました。これは外伝じゃないw
あげ
2010/08/01 03:10
カグヤは同じエキセントリックな天才でもBBAのウラとは対照的なキャラになってきましたね。
「いつでもおいで」と言った途端(おそらくユウが初動に入った瞬間)の四連撃には「まさに外道」という言葉が最初に浮かびましたw
そのカグヤと戦うユウの最初のモノローグ(この人達としか剣道をした事がなかった云々)は、19話での持田先生のユウ評と重なって見えます。

あと陽の「たぶん俺にはない」という台詞。似たような言葉を某五本の指や某融合者からも聞いたようなw

>IHや玉竜旗でタマちゃんとウラ、ウメ、カグヤが一堂に会す……おぉ胸熱。
それが「C」かも。問題は五十嵐先生が長期上京出来るかどうかですか(^_^;)
口臭の的
2010/08/01 23:27
>あげさん
>口臭の的さん
描写だけだと(タマちゃんと違ってユウちゃんがズバ抜けて強い訳じゃないのもありますが)ウラ様よりカグヤの方が強そうにすら見えますw
中学に入ってから更に稽古の量が増えたと陽が言ってましたし、まだ中三ですから伸びしろは更にまだある訳でして。

>それが「C」かも。
もしや清杉とバンブーのコラボはその(合作が可能かどうか)下準備的な…ま…まさかね…
那智
2010/08/13 00:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
BAMBOO BLADE B 増刊ヤンガン特別編「初太刀と呼吸」 ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる