☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たしてリョーコに救いの道はあるのか

<<   作成日時 : 2009/12/08 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

労しや戸田涼子 なまじ剣道が出来たばかりに 彼女のプライドは最早奈落の底

103話現在、「あの」タマちゃんが負けたと言うのに、
少なくとも室江メンバーは何故か未だにエリナの正体に関して何の疑問を抱いていません。

恐らくリョーコと合流した次回辺りにいよいよ
「沢宮エリナ=榊心の好敵手にして剣道小町の一人・山田梅子」と明言されて
事情を知らない一同Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー状態になるのでしょうが、
さて、今回のバニ学編のきっかけとなった一人、戸田涼子の心境や如何に。

本来エリナは「沢宮エリナは竹刀の握りも分からない剣道ド素人」で通すはずだったのでしょうから
タマちゃんと試合する事が無ければ台本通りサクサク進んでリョーコに負けてたんじゃないでしょうか。
ところがどっこいここまで来たらもう引き返せません。リョーコは心身共にフルボッコ確定です。お気の毒です。

しかしこのままでは余りにもピエロ過ぎて可哀想でならない涼子さん。
あの小西にも救いはあったのですから、別に悪い事はしていない、
ただの負けず嫌いで努力家な彼女にも然るべき救いの道はあるとは思うのですが…。

●パターン1:わざと負けてリョーコに花を持たせる
→リョーコ「そんなの嬉しくねぇんだよ!ざけんなクソがぁっ!!」

●パターン2:「沢宮エリナ」は引退します、再び剣道家山田梅子に戻りますさようなら
→リョーコ「勝ち逃げかよ!ざけんなクソがぁっ!!」

●パターン3:全力の山田梅子相手にに奇跡的に勝利
→非現実的だよ!ざけんなクソがぁっ!!

…ダメですね。このまま負け犬街道を突っ走るだけのキャラでも良いのではないでしょうか…






…と匙を投げかけましたが、リョーコのにとって大事な点は「人にどう思われるか」(87話)に関して考えてみると、
まずエリナはウラ様の目的を察知している(103話)ほどの洞察力を本来持っているのですから
わざわざ亀崎に指摘(90話)されなくても、とっくにリョーコからの激しい敵意は感づいていた事でしょう。

全国大会の決勝でウラ様に負けて、その一度の敗北で剣道から逃げてしまった(90話)「山田梅子」にとって、
「エリナ」に負けても負けても負けても負けても、それでも折れない、それでも尚闘争心を滾らせて向かってくる
リョーコの存在は凄く眩しい、凄く尊敬出来る存在なのではないでしょうか。
その辺の感情の吐露があれば、リョーコにも何らかの救いがあるのでは…と思います。多分。

103話の感想で、ウラ様を救うのはタマちゃんの役目と予想(と言うよりも期待)しましたが
それならばリョーコを救うのはエリナの役目であって欲しい…という願望でした。


お祭り屋台キット ・ 金魚すくい屋さん
お祭り屋台キット ・ 金魚すくい屋さん
クツワ
売り上げランキング : 82448


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
失礼します。
僕も個人的にリョーコは決して悪人ではないと考えており(もし目的のためになりふり構わないならば嫌がらせ方面に行動しているでしょう、小西のように)、彼女にも何らかの救いがあって欲しいと思っています。

また、こういう「不純な動機で努力を始め、結果として人間的に成長する」事は初期のコジローしかりBAMBOO BLADE全体のテーマである、と僕は解釈しておりまして、従って彼女こそがこの芸能界編でのキーキャラクターなんじゃないかとも感じています。
これまで通り、やっぱり章の最後はさわやかに絞めていただきたい。そのためにもリョーコの成長は絶対に必要な要素です。

前置きが長くなりましたが、具体的な展開としては
負けると分かっていながら「全力でエリナに挑み、出し尽す事で吹っ切れる」のではないでしょうか(鎌崎編の岩堀と盛大にカブりますが)。
それからエリナには勝てないと理解して落ち着きを手に入れるか、チャレンジャーとしての自分を確立するかはわかりませんが、お互い隠していた本性をぶつけ合う展開を希望です。
そこで体面を考えて手を緩めようとするエリナを「手加減しちゃダメです」と(以前自分が言われたように)タマキが諭すシーンでもあれば全員の成長が見られて御の字かと。
そして一方ウラはウラでまた別の展開があり…とかやったらそれこそ長い章になることでしょう。だから最終章はここから長いんじゃないでしょうか。

まぁ全部妄想ですけど。
長文失礼しました。
馬茶
URL
2009/12/09 21:33
遅くなりましたがこんな実質独り言な記事に
わざわざコメントありがとうございましたw
11巻であれだけリョーコとエリナを中心で描いてきて
バニ学編の切っ掛けだけ作ってお役御免でポイって事は
まず無いでしょうから何らかのフォローはあるでしょうね。
どういった形で彼女の心の折り合いがつくかが
バニ学編の最後の見所の一つだと思います。

しかし読み返してみると87話でエリナがリョーコの手を握った時に
竹刀ダコに気づいても良かゲフンゲフン
那智
2009/12/25 20:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
果たしてリョーコに救いの道はあるのか ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる