☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS BAMBOO BLADE 第104話「ウラとウメC」

<<   作成日時 : 2009/12/26 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     *      *
  *  ウソです  +
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *
画像

クリスマスイブの夜に今年も独りビールを呷っているであろうコジローに会いにあぐり先生のサイトへ行ったら
謎のビキニサンタお姉ちゃんが出迎えてポカーンとなった。裏切った…裏切りおったあの野郎…ッ!!

●山田梅子
今回ようやく『山田梅子』がクローズアップ。
剣道との出会い、初めての敗北、上級生からの妬み、ずっと支えてくれた優しい父の死、
そして天才・榊ウラとの出会いと敗北――。

そのウラ様に宿敵と認められ(好敵手じゃなくて宿敵という響きが少々引っ掛かりますが)るも
全国大会決勝の舞台で再び敗北、真の天才の前にはどんなに努力を重ねても通用しない事を痛感し、
幾度となく苦難を乗り越えながらも剣道を続けてきたウメはここで遂に剣道から逃げ出してしまいます。

そして2年ぶりに再会してみれば、かつて目標にした宿敵は剣道を捨てたどころか
その精神は異次元の彼方へ旅立っておりました。こんな体たらくではそりゃ腹も立つってもんです。

寺本監督が中学時代の顧問に山田の現状を尋ねた際に、逆にウラ様の惨状も語ったようで
これでウラ様が松本アナを狙っていた事をウメが察知していた事にも納得がいきますが
はて、この頃(82話)は寺本監督もまだウラ様が暗黒道に堕ちた事は把握してないはずでは…

個人的にはエリナのツインテールよりウメのショートの方が好mゲフンゲフン


●タマちゃんの涙
3〜11頁は試合中のウメの一挙手一投足に彼女の過去がオーバーラップするように描かれていますが
未だ沢宮エリナの正体を知らないタマちゃんも彼女の激しい感情に感化したのか頬を伝う涙。
102話で笑顔を見せ、今回は涙。97話でのコジローの予言通りタマちゃんの中で色々変化が起きてます。

前回ウラ様とウメが直接言葉を交わさずに会話したように、所謂「剣と剣で語る」境地にタマちゃんもいるようです。

しかし当のウラ様は…。


●榊心
81話で寺本監督が「真の天才とは勝敗とか強くなりたいとか、『そんな所』にはいない」と光の中のウラ様を称え
ウメもまた今回「太陽のように眩しくてまともに見られなかった」と叫びましたが、
今や光り輝く太陽の元どころか暗黒の闇の淵の底。逆に目も当てられない有様です。

ウメはかつてのライバルの目を覚まそうと頑張っていますが、
最早ウラ様にとっては目の前にいるのは松本アナを排除するのを邪魔する輩としか捉えられないようで
いよいよラスボス化が顕著です。末野だけ冷静に成り行きを見守っていますが果たしてどう決着がつくのやら…。

>次回は2010No.4(2/5発売)に掲載!
まじかよおぉぉぉ

…ところで今気づいたのですがエリナの胴台って梅柄?


剣道防具 胴単品 5号 胸曙光:エンジ藤剣道防具 胴単品 5号 胸曙光:エンジ藤

日武振
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
BAMBOO BLADE 第104話「ウラとウメC」  ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる