☆七星亭の連絡帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 金田一少年の事件簿 黒魔術殺人事件3

<<   作成日時 : 2008/06/04 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

井沢君の活躍で佐木の存在価値がピンチ!剣持のオッサンが出張ってきたので長島警部の出番もピンチ!
画像

その1 
画像


●11分間の闇
さて死んでしまった九曜の死亡推定時刻はおよそ夜11時45分〜12時15分の30分間、
現場となった魔術サロンの点けっぱなしだった魔術灯の電気コードがカーペットの上に出ていることから
凶器はコードで犯行時刻はそのコードが引っこ抜かれた12時0分〜11分と思われます……が、
その時間帯は全員にアリバイが成立。と言う事は何らかのトリックがある筈です。

発想の転換、電気が消えていた時間≠犯行時刻ですね。
それではどうやって電気を消したか?元から断てばいいだけの話です。

ここで重要味を帯びてくるのがお茶会でサロンを出入りしていた時刻。
12時丁度、黒魔術サロンの電気が消えた時間に「奇妙な場所」から出てきた人物――、
そして12時11分頃、電気が再び点いた時間、その「奇妙な場所」に同じ人物がいます。

まだ確定要素はありませんが、キッチンにブレーカーがあるならばこれで11分間の闇のトリックが解けます。
つまり実際の犯行時刻は12時前で、12時0分と11分にキッチンにいた人物――
――即ち星子がブレーカーを操作してアリバイを確保、コードは夜が明けてから引っこ抜けば(多分)バレません。


OK、謎はすべて解けた!





と、言いたかったところなのですが…。

●クックック…
最後のシーンでブードゥー人形を水に沈め、不敵に笑う呪殺犯=星子。
…つまり殺人犯は別にいるって事でしょうかw
そして次の標的は暁社長の予感。

●呪殺犯≠殺人犯と考えてみる
と言う訳で呪殺犯=星子殺人実行犯=?と仮定しておさらいしてみましょう。

魔術人形を盗み、1話冒頭で人形を切断
青竜社長を事故に見せかけて殺害?
高遠の到着を見届けながら「パズルのピースがどうこう」と独白
金田一が刑事と知り合いと知ってビビる→星子?
夜10時、黒瓜(敢えてこちらで表記します)と密談→星子?
人形の首を絞める
11時45分〜12時0分の間に九曜を絞殺
12時0分〜11分の間に魔術灯の明かりを消す
豆電球を点けた人形を廊下に放置

人形を水に沈める

10時に『黒瓜』と密談していたのが星子だとすれば
黒瓜の「やり方を伝授する」の「伝授」とは「呪殺の方法」と考えられます。
人形の首を絞め、日付が変わる頃に魔術灯の明かりを消す事で「呪殺出来た!わーい」と思い込んでるようですが
それを真犯人のトリックに利用されているのではないでしょうか。
星子―黒瓜=高遠―真犯人と繋がっているので行動は筒抜けでしょうし、
その星子自身が「2人を殺した」と思い込んでいるのを利用すれば最終的に彼女をスケープゴートに出来ます。

となると誰が真犯人か?…それはまだピースが足りません。

●気になる点
風呂場に置き忘れた金田一の財布の件。
2度もある「暁(あかつき)社長」という誤植w


<ASIN:B000UIVU6K>ディズニー『ミニーマウス』お守り人形/ブードゥー人形</ASIN>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
金田一少年の事件簿 黒魔術殺人事件3 ☆七星亭の連絡帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる